行政書士

行政書士 · 2018/08/16
 外国人の就労機会が今後拡大される傾向にあることをご紹介してきました。  しかし、その裏では技能実習生の失踪が後を絶ちません。受入れ先企業とトラブルとなり、実習生が姿を消す、つまり失踪するケースが目立ち、2017年は7千人を超えました(H30.3.23法務省発表)。

行政書士 · 2018/08/09
 外国人労働者を受け入れる為、今年6月に新就労資格を創設することが閣議決定されたことは以前ご紹介した通りです。  それまで国の方針としての新就労資格は、、

行政書士 · 2018/07/19
 現在、国が検討を進めている外国人労働者の受け入れ策は、日本語が苦手でも就労を認めることとし、しかも、幅広い労働者を受け入れるとすることに特徴があります。  日本経済が直面する深刻な、、、

行政書士 · 2018/07/12
外国人の就労が拡大されるお話の続きです。 単純労働への門戸が広げられると、慢性的な人材不足に悩む、建設業、農業、介護等の分野には朗報となりますね。

行政書士 · 2018/07/05
安倍晋三首相が、先月行われました(6/5)経済財政諮問会議で、外国人労働者の受け入れ拡大を表明しました。 人手不足が深刻な業界への状況を配慮してか、原則認めていなかった所謂単純労働へも門戸を開き、2025年までに50万人超の就業を目指します。

行政書士 · 2018/06/28
平成30年6月13日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が、参院本会議で成立しました。  新たな成人つまり「大人」の定義が変わることによって、契約や資格の取得など、若者たちや、それらに対応する大人たちの生活におけるさまざまなルールが変わります。

行政書士 · 2018/06/21
 平成30年6月15日、官民の期待を船荷として、民泊法(住宅宿泊事業法)が施行され、船出をしました。  訪日外国人を更に増加させることと、空き家住宅の利用促進等、主体者となる登場人物が多いため、その目的は様々です。

行政書士 · 2018/06/15
前回に続き、愛犬へ財産を遺したい相談者との記録と、方法についてご紹介します。

行政書士 · 2018/05/24
 ご自身の遺産を寄付したい方からの、相談を受けることがあります。  何処へ寄付するかは、その方の生活と深い関係がある、或いは、社会貢献として等、目的は様々です。  今回の相談者は、寄付の宛先として「ユニセフ」を指定したいとのことです。

行政書士 · 2018/04/06
社会保険に未加入である建設業許可業者に、今後影響が及ぶ可能性が出てきました。(2018.04.06日本経済新聞朝刊より)

さらに表示する

Facebook

関連Facebookページ

Link

お問い合わせ

■ 国府宮事務所

〒492‐8137 

愛知県 稲沢市 国府宮 二丁目8番19号

TEL 0587-34-5115 FAX 0587-34-5113