許可申請に必要な書類


 

※許可申請書の添付書類

  1. 営業の方法を記載した書類
  2. 営業所の使用について権原を有することを疎明する書類
  3. 営業所に係る所有権を有していることを疎明する書類
  4. (営業所の登記簿謄本又は登記事項証明書等)
  5. 営業所に係る賃貸権を有していることを疎明する書類
  6. (賃貸借契約書の写し又は使用承諾書等)
  7. 営業所の平面図及び営業所の周囲の略図
  8. 本籍又は国籍記載の住民票の写し
  9. 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書
  10. 法務局登記官の発行する登記されていないことの証明書
  11. 市区町村長の発行する身分証明書
  12. 法人の場合の追加書類
  13. 定款及び登記簿の謄本
  14. 役員に係る前記4から7までに掲げる書類
  15. 管理者を選任する場合の追加書類
  16. 選任する管理者に係る誠実に業務を行う旨の誓約書
  17. 選任する管理者に係る前記4から7までに掲げる書類
  18. 4号営業のうち、パチンコ店等を営もうとする場合の追加書類
  19. 設置する遊技機が検定を受けた型式に属するものであることを証する書類等

  • 許可申請は、風俗営業の種別に応じて、営業所ごとに申請しなければなりません。
  • 申請者が未成年者の場合には、法定代理人に関する書類も必要となります。
  • 申請者が風俗営業者の場合又は同時に申請をする場合には、申請者に関する書類のうち、添付する必要がない書類があります。
  • 地震、火災等による営業所の滅失によって申請する場合には、滅失したことを疎明する書類も必要となります。
  • 2については、所有権を有している者との契約内容(直接的又は間接的)によって必要とする書類が異なります

許可申請の手数料

パチンコ店(回胴式遊技機専門店を含む。)

25,000円+2,800円+40円×遊技機台数

上記以外の風俗営業  24,000円

 

 


同時に複数の許可申請をする場合には、手数料が減額されます。

  • 3か月以内の期間を限って営む営業の許可申請をする場合についても、手数料が減額されます。
  • 地震、火災等による営業所の滅失によって許可申請をする場合には、手数料が加算されます。

管理者制度について

管理者とは・・・

風俗営業者は、風俗営業許可を申請する際、営業所ごとに、業所における「業務の実施を統括、管理する者の中から」管理者を1人決めなければなりません。一般的にこの管理者とは、店長や支配人が該当します。責任を負うことができないアルバイト、店員等は管理者となることができません。
 ※営業者自らを管理者とすることも可能です。
この場合、他に管理者を選任する必要はありません。
営業者自ら管理者を兼ねることは可能ですが、一人の人が複数の店舗の管理者になることは出来ません。

管理者講習とは・・・

風俗営業所の管理者が受けなければならない講習のことです。
ペースは風俗営業所の管理者として選任された日からおおむね3年ごとに1回です。
正当な理由なく受講しなかった場合は指示処分の対象となりますので、公安委員会からの管理者講習通知書による通知があった際は、必ず受講してください。

管理者が後退したときは所轄警察署を通して、公安委員会に対して変更届出書を提出します。
この変更届出書の提出期限は、変更を生じた日から10日以内です。

Facebook

関連Facebookページ

Link

お問い合わせ

■ 国府宮事務所

〒492‐8137 

愛知県 稲沢市 国府宮 二丁目8番19号

TEL 0587-34-5115 FAX 0587-34-5113

■ 小牧事務所

〒485-0831 

愛知県小牧市東四丁目273番地 

TEL 0568-77-8099 FAX 0568-77-3327